ホーム > 癌を告白した芸能人 > 大腸がん > 財津和夫が大腸がんを告白

財津和夫が大腸がんを告白

和製ポール・マッカートニーなど様々な異名を持つチューリップのリーダーの財津和夫さん(当時69歳)が、2017年5月に腸閉塞と診断されたことを公表されました。

その後の精密検査結果により、大腸がんであることが判明しました。

2016年9月よりスタートしたチューリップの45周年ツアーは、5月27日の福島公演を合わせ、5公演が急遽中止となりました。
 

スポンサーリンク

6月2日のご自身のホームページでは「治療専念のために、一時的にステージ活動を休止する」との財津さんからのコメントが掲載されています。

財津和夫がんのステージや具体的な治療方法などの細かい病状・治療についての公表はなかったものの、1ヵ月後の7月3日には「手術を終えて、退院しました」と語られています。

退院の吉報から間髪を空けずに7月7日の東京公演で歌う予定であった「七夕じゃない 7月7日」がCD化して発売されました。

財津さんが天国への安部さんへの想いを綴った楽曲で、ファンの方々から多くの喜びの声も上がっています。

現在、通院をしながら療養中とのことですが、財津さんの地元である福岡のなみきスクエアにて開催されている作詞講座の10月開催も決定しており、退院報告された際、「徐々に仕事に復帰していく」とコメントされています。
 

スポンサーリンク