ホーム > 癌を告白した芸能人 > 子宮がん > 古村比呂が子宮頸がんを告白

古村比呂が子宮頸がんを告白

2011年12月に女優の古村比呂さん(当時46歳)が子宮頸がん検診にて初期の子宮頸がんと診断されました。

初期だったため、子宮の一部をレーザーで切除する手術が行われました。

手術は約30分程度で終わり、入院期間は3泊4日と短かったため本人も驚いたそうです。

しかし、浸透が浅いと思われていた子宮頸がんでしたが、手術後の詳細な検査にて奥まで浸潤していることが発覚しました。
 

スポンサーリンク

子宮の全摘出手術が必要であることを医師から告げられました。

古村比呂子宮の全摘出を行うと将来出産ができなくなるというリスクがありますが、既に3人の子どもがいる古村さんは子宮全摘手術を受けることを決意されました。

約6時間に及ぶ手術を受けられ無事に成功しました。

その後、2012年6月に仕事復帰を果たしますが、手術の後遺症で排尿障害とリンパ浮腫に悩まされたといいます。

排尿障害に関しては尿意を感じることが減ったため、トイレには時間を決めて行っているそうです。

リンパ浮腫については症状が悪化し、象皮症を発症する危険性もあったため、2016年4月に手術をされています。

翌年の2017年3月には子宮頸がんが再発が見つかります。

抗がん剤や放射線治療を受けられて7月末に腫瘍マーカーの値が正常値となったことを9月に自身のブログで告白しています。

現在の古村さんはテレビ出演だけでなく、がんの交流会に参加するなど精力的的に活動されています。
 

スポンサーリンク