ホーム > 癌を告白した芸能人 > 仁科亜希子が4度目となる大腸がんを克服

仁科亜希子が4度目となる大腸がんを克服

女優の仁科亜季子さんが、子宮頸がん、胃がん、GIST、大腸がん…と4度目のがんを患っていたことを告白されています。

仁科さんがはじめてがんを患ったのは38歳の時でした。

子宮頸がんのため、子宮、卵巣、リンパ節を切除する手術を受けられています。

若い年齢での女性臓器摘出の手術だったことから、今でも更年期障害に苦しんでいると話されています。

手術の後遺症で排尿障害が残り、尿意を感じることができないといいます。

後遺症に悩まされる生活の中で、前向きになれたのは子どもの存在が大きかったといいます。
 

スポンサーリンク

仁科亜希子長男が8歳、長女が6歳とまだ小さかったため、「自分は何がなんでも生きなければならない」と病気に立ち向かう決意ができたとコメントされています。

仁科さんが20年ぶりに芸能活動を再開した矢先、2度目となる胃がんを46歳の時に患いました。

胃の上部1/3と脾臓を切除し、約10キロも体重が減ったといいます。

術後は口に入れても飲み込めず、食べれない状態が続き、食事をするにも体力が奪われるという壮絶な状況をコメントされています。

また、夫である俳優の故・松方弘樹さんの不倫騒動等が重なりますが、子どもは自分が養っていかなければいけないという思いで辛い治療も克服できたといいます。

続いて3度目のがんは仁科さんが55歳の時、筋肉の層にがんができるGISTでした。幸いにも早期発見だったため、2週間ほどの入院治療ののち退院されています。

仁科亜希子その後、最初のがんから22年目となる2014年、離婚後やっと生活が落ち着いてきた頃に4度目となる大腸がんが見つかります。

腹腔鏡手術にて大腸の一部を20センチ切除することに。

仁科さんはがんが発覚する度に神様を呪ったといいますが、今では元気で幸せながん生活を遅れていることに感謝していると話されています。

仁科さんは、このような闘病生活において娘・仁美さんの息子である孫の存在が大きかったとコメントされています。

家族の存在に支えられ、がんの闘病生活とうまく付き合っていく大切さを同じがん患者へ伝えるべく、講演活動にも力を入れて取り組まれています。
 

スポンサーリンク