ホーム > 癌を告白した芸能人 > 向井亜紀がS状結腸癌を告白。これまで20回近くの手術を受けていた

向井亜紀がS状結腸癌を告白。これまで20回近くの手術を受けていた

タレントの向井亜紀さんが2013年48歳のときにS状結腸がんであると告白。

S状結腸癌であると診断された同年6月に彼女の所属事務所は、がんの進行状況はステージ2で、幸いにも初期段階だったと発表。

毎年受けている定期検査で偶然に見つかったS状結腸癌の摘出を行うため、向井さんは同年8月に手術を受けて無事成功されています。
 

スポンサーリンク

今回の告白と同時に、以前に経験されていた大病についても告白。2000年に子宮頚がんを発症して子宮を摘出、さらに2006年には右腎臓の摘出など、これまでに20回近くの手術を経験されていたというのです。

向井亜紀そのような重大な病気であったのですが向井さんの病気は一般に伏せられ、極秘のうちに手術が行われました。それはいったいなぜなのでしょうか。

じつは、向井さんには元格闘家の夫・高田延彦さんとの間に代理母により授かった双子の息子さんがおり、病気や手術が伏せられたのは10歳という多感な年ごろを迎えた息子さんたちへの配慮だったそうです。

現在の向井さんはがんを克服し、すっかり元気になられて通常の生活を送り、芸能活動にも復帰されています。

また年月が経過した今、向井さんは所属事務所を通じて「早期発見だったため、すっかり完治しています。早期発見が大事であるということを伝えたいという思いを尊重し、公表に至りました」というコメントが出されています。
 

スポンサーリンク