ホーム > 癌を告白した芸能人 > 南果歩が乳がんを克服

南果歩が乳がんを克服

女優の南果歩さんが乳がんを患い、手術を受けられていました。

術後、ピンクリボンフェスティバル2016でのトークショーで、同じ病気をもつ女性やその家族などの参加者を元気づける活動等をされています。

女優・南果歩さんの夫で俳優・渡辺謙さんにも人間ドッグで早期の胃がんが見つかり、入院期間中に安心材料として南さんも人間ドッグを受けたところ2016年2月に偶然に乳がんが見つかることに。

渡辺さんが人間ドッグを受けたのも、南さんが人間ドッグを受けたのも南さんの直感だったそうです。年1回受けていても、思い立ったら健診を受けることの大切さがわかります。
 

スポンサーリンク

南さんの乳がんの診断はステージ1で早期乳がんでした。乳房の外には広がっておらず、乳がんの大きさも2センチ以下が定義されており、再発率も1割以下とされています。

南さんは医師の説明に、「頭には入ってきたが心に入るには時間がかかった」とコメントしており、がんを現実として受け止めることが難しい病気だと言うことが伝わってきます。

乳がんが見つかった翌月の3月に無事手術は成功されています。早期がんは乳房温存術が標準的な手術になります。

南果歩術後も再発防止のため治療は継続しており、自身のツイッターでは7月から放射線治療を行うとコメントされています。

さらに投薬治療も行っており、高血圧・倦怠感・手足のしびれなどの副作用にも苦しみ、「手術すれば元気になると思ってたが、もっと時間は必要だ」と胸のうちを明かしています。

また、南さんは病気はない方が幸せだが、病気になったからこそ知りえることもあるとし、家族や友人、周囲の温かさに支えられたことを感謝しているとコメントされています。

冒頭で触れました、ピンクリボンフェスティバル2016 ~いっしょなら、きっと乗り越えられる~ のイベントでは、“がん友”という言葉を挙げ、それに替わる“CAN友”というCANCERとI CANをミックスした前向きな意味を含んだ言葉を提案し、広めていきたいと宣言し、会場の参加者から微笑みと拍手が鳴り響いたといいます。

夫の渡辺謙さんも急性骨髄性白血病や胃がんを患うなど、夫婦ともに病気と戦われているだけに、南さんのコメントは同じ病気を持つ女性にとってとても心強いものである。
 

スポンサーリンク