ホーム > 癌を告白した芸能人 > 子宮がん > 三原じゅん子が子宮頸がんを告白

三原じゅん子が子宮頸がんを告白

女優の三原じゅん子さん当時(44歳)が2008年3月に受けられた人間ドックで子宮頸がんの疑いを指摘されました。

人間ドッグから数日後、子宮に異常が見つかったため、別の病院にて精密検査を受けるように連絡が入いります。

その後、都内の病院にて詳細な検査を受けた結果、子宮頸がんになる寸前の高度異形成であることがわかりました。
 

スポンサーリンク

上皮内がんに移行している可能性もあるため、医師の勧めもあり子宮頸部の円錐切除術を受けることになります。

この円錐切除術を受けることで、がんの範囲や病状等の確認ができることと、そのまま治療が完了する場合もあります。

しかし、手術から2週間後に病院からの連絡が入り、三原さんが子宮頚部腺がんであることが判明します。

三原じゅん子子宮頚部腺がんは転移する可能性が高いことから、早期に子宮の全摘手術を医師から勧められたそうです。

子宮を全摘出することに抵抗のあった三原さんは何ヵ所か病院を回り、セカンドオピニオンを受けられましたが、他の医師の診断も子宮を全摘出することが第一と告げられました。

最終的に同じ病気をかかえている方から医師を紹介してもらい、手術を受けることを決めます。

当時、武田鉄矢さん主演の舞台に出演予定だった三原さんは降板するのは避けたいという思いから手術日を相談し、7月4日に手術を受けられています。

手術は無事に成功し、体調は順調に回復、術後約2週間で仕事復帰を果たし、一番気にかけていた武田さん主演の舞台も出演することができました。

しばらく女優として活躍されていた三原さんですが、現在は政治の世界に進出し、参議院議員としてご活躍されています。
 

スポンサーリンク