ホーム > 癌を告白した芸能人 > 子宮がん > 希良梨が19歳で子宮頸がんを発症

希良梨が19歳で子宮頸がんを発症

2015年1月に女優の希良梨さん(当時34歳)が子宮頸がんであることを告白しました。

希良梨さんは元々酷い生理痛を抱えており、ある日これまでに経験したことのない痛み等の症状に襲われ、お母さんに説得されて病院に連れて行かれたといいます。

その際、子宮頸がんであることが発覚しました。

希良梨さんは当時19歳で10代での子宮頸がんは稀になります。
 

スポンサーリンク

若年性がんは進行が早いため、場合によっては子宮全摘出の可能性もありましたが内部までは進行しておらず、子宮全摘出はしませんでした。

円錐切除の手術を受け、約4cm程の子宮頚部の内3cmを切除、手術は無事に成功しました。

希良梨手術は成功したものの、まだ、19歳だった希良梨さんは身体だけでなく精神的にも負担が大きく、20歳になった頃病気のことは明かさないまま、突然に芸能界を引退しました。

その後25歳の時に台湾の映画プロデューサーと結婚し、26歳と28歳の時に妊娠しますが2回とも流産しました。

流産の原因は子宮頸がんのため円錐切除したことが考えられ、流産率が通常よりも3~4倍高くなるようです。

そして3度目の妊娠されるのですが子宮頸がんの再発が見つかります。

再手術を行うと子どもを産むことができない可能性があったため、直ぐに手術を行わずに子どもの命を優先する選択をされました。

その後、無事に男児を出産され、心配されていた子宮頸がんですが幸い進行がみられず、現在は治療をしながら芸能活動を続けられています。
 

スポンサーリンク