ホーム > 癌を告白した芸能人 > 桑田佳祐が食道がんの手術を受ける

桑田佳祐が食道がんの手術を受ける

デビュー以来、続々とヒット曲を飛ばし続け、その独自のサウンドで多くのファンの支持を得ているサザンオールスターズの桑田佳祐さん。その桑田さんに食道がんが見つかったのは2010年7月、彼が54歳のときでした。

定期健診の内視鏡検査で食道にポリープが見つかり、さらに組織の精密検査を行ったところ、がん細胞と判明。幸いステージ1という状態で早期発見されたため、ほかの組織への転移は見られませんでした。

スポンサーリンク

しかし、放置すれば移転の危険性が出てくる可能性もあるということで翌月に意を決してがん切除の手術を受けました。手術は食道の一部を切除し胃をつなげるものであり、6時間にも及ぶ手術だったそうです。

桑田佳祐食道がんが見つかった同年の7月31日、桑田さんはご自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で次のようなお話をされています。「がんはステージ1という段階であり、まだ深くに達していない状況。場所的には食道の真ん中より少し下の部分で胃に近い場所。先のことも考えて手術を受け、治療を行って行きたい」(本人談)

また桑田さんは歌手というご職業柄、声を発することができなくなるということを最も心配されたご様子でしたが担当医から「手術を行っても声が出なくなるようなことはない」という詳しい説明を受け、手術を決心されたのだそうです。

手術は無事成功し、同年の8月下旬には退院されています。

桑田さんのお父さんは2004年にがん性腹膜炎により77歳にて他界、お姉さんも2008年に56歳という若さで膵臓がんを患い命を奪われていることから、自身のラジオ番組で「まだ完治じゃないんだよ。再発する可能性があるから気をつけないと」と今後も経過を診ていくことが大切だと語っています。

その年の大晦日・紅白歌合戦で電撃復帰を果たしたことは皆さんの記憶にも新しく、現在ではすっかり完全復帰を果たし、ライブ活動やラジオ番組への出演、ニューアルバムのリリースなど精力的に芸能活動を行っておられます。

スポンサーリンク