ホーム > 癌を告白した芸能人 > 子宮がん > 洞口依子が子宮頸がんを克服

洞口依子が子宮頸がんを克服

2004年1月に女優の洞口依子さん(当時38歳)が子宮頸がんで患っていることが報道されました。

洞口さんは2003年の夏頃から生理が早く終わったり、逆に出血が止まらないようなことがあったといいます。

この時点で炎症していることに気付かれていたようですが、病院で実際に検査を受けられたのは2004年1月でした。

洞口さんの知人の紹介で国立東京医療センターにて詳しい診察が行われました。
 

スポンサーリンク

洞口さんの母親が子宮筋腫があったことから、自分も子宮筋腫なのではと思っていましたが、検査結果から子宮頸がんの疑いがあることを告げられます。

精密検査の結果、角化型扁平上皮がんの診断でステージIb2期でした。

洞口依子子宮・卵巣・骨盤内のリンパ・靭帯・膣の一部を切除する広汎子宮全摘手術を医師から勧められますが、手術に対する恐怖心から洞口さんは直ぐには受け入れられませんでした。

その後、信頼できる医師の噂を知った洞口さんは、その医師を訪ね手術を受ける決意をします。

約8時間になる手術は無事に成功したのですが、リンパ節への転移が見つかりました。

術後は抗がん剤による投薬治療と放射線治療を受けられ、排尿障害のリハビリを行いながら約2ヵ月の入院生活を送ります。

その後、無事に退院されるのですが精神的な負担から、不安障害を発症してしまいます。

しかし、手術から3年後に沖縄に行った際、「人間らしくありたい」と前向きに考えられるようになったといいます。

2006年にネットシネマで仕事復帰を果たし、現在は女優活動を続けられています。
 

スポンサーリンク