ホーム > 癌を告白した芸能人 > 乳がん > だいたひかるが乳がんを告白

だいたひかるが乳がんを告白

お笑い芸人のだいたひかるさんが2016年2月、乳がん治療を受けていたことを同年12月に出演されたTV番組にて公表されました。

2013年5月に小泉貴之さんと結婚され、結婚1年後からスタートした不妊治療の合間に受けていた乳がん検診でしこりが見つかりました。

しこりの大きさは約3センチ、その後の組織検査で乳がんであると診断されました。
 

スポンサーリンク

ホルモン治療など複数の治療方法の中、リスクを最小限にしたいと右乳房を全摘出することを夫婦で話し合って決められたそうです。

だいたひかる入院の前日に記念撮影を行うなど、彼女らしい一面が見られました。

2016年2月26日に行われた手術後、リンパ節への転移が確認され、だいたさんは精神的にもかなりショックを受けられましたが、夫に励まされ支えられたからこそ乗り越えられたと話されています。

3月3日に退院し、4月11日から抗がん剤治療をはじめ、副作用で関節が痛くなり、外に出るのも辛く、ペンを持つことすら困難だったといいます。

抗がん剤治療は半年間続き、その後は定期的な検査とホルモン治療に変えられたようです。

だいたさんは「がんを怖がって過ごすより、なるべく病気を忘れて笑って過ごす、これに尽きます」と雑誌でコメントされています。
 

スポンサーリンク