西田敏行が心筋梗塞で手術

2003年3月3日の夜、俳優の西田敏行さん(当時56歳)が心筋梗塞のため自宅で倒れて緊急搬送されました。

幸い倒れてから処置を行うのが早かったことから約30分ほどの手術で終わったといいます。

手術後は順調に回復へと向かい3月28日には無事退院されています。

西田さんは肉が大好物で毎晩のようにビールと焼肉を食べていたそうです。
 

スポンサーリンク

更にタバコは毎日1日8箱を吸うほどのヘビースモーカーだったようです。

西田敏行この偏った食生活に飲酒・ヘビースモーカーであることが心筋梗塞の原因だったのかもしれません。

入院中には女優の吉永小百合さんから「タバコはやめてね」と書かれた手紙をいただいたというエピソードがあります。

この吉永小百合さんの手紙がきっかけで禁煙をはじめ、体重も82キロまで落とすことに成功されています。

復帰後には自身が主演された映画のインタビューでは「ここで死んだら遺作が「ゲロッパ!」になるが、それだけは避けたかった」とコメントされ元気な姿を披露されています。

その後、2016年にベッドから転落し首を痛めて腰椎の一部分を頸椎へと移植する手術を行って、さらに胆嚢炎を患い摘出手術を受けられていますが1ヵ月程で仕復帰されています。

現在の西田さんはご存知、映画やドラマにと大活躍されています。
 

スポンサーリンク