ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 肝臓・すい臓の疾患 > チュートリアル福田が急性膵炎を発症

チュートリアル福田が急性膵炎を発症

人気お笑いコンビチュートリアル福田充徳さん(当時35歳)が2011年1月に腹痛を訴え、病院に緊急搬送された。検査の上、告げられた病名は膵臓に発症するという急性膵炎(きゅうせいすいえん)

膵臓とは体内に取り込まれた食物の分解・消化を行うために存在する臓器で、主に酵素を生産しています。何らかの原因で膵酵素が活性化してしまい自分の膵臓を消化してしまうことで膵炎は発症します。

スポンサーリンク

主な原因として考えられているのが過度なアルコール摂取(全体の37%)、胆石(全体の24%)などがあり、脂質異常症、あるいは玄以か不明で発症することもあります。ちなみ福田さんのケースはアルコールの大量摂取が原因でした。

チュートリアル 福田大のアルコール好きであった福田さんは、ほぼ毎晩のように大量のお酒を飲んでいたようです。とくに焼酎が好きだったようでロック割にして大量に摂取していたと本人が話しています。

急性膵炎の治療は絶食・絶飲に限りなく近い食事制限とアルコール摂取の禁止。緊急入院した福田さんは即座にこのような辛い治療を受けることになったのですが同月28日にはテレビのバラエティ番組で復活を果たしています。

ところが厳しい食事療法を受けた福田さんの風貌はまるで別人のように変貌しており、番組の共演者だけではなく、お茶の間にも広い波紋を巻き起こしました。

現在の福田さんはアルコール摂取は解禁となっており、人気女性タレントとの交際も噂されるほどに回復されたご様子。大好きなアルコールとの再会は確かに喜ばしいことではあるのでしょうが膵炎は悪化すると命まで危ぶまれる状態となる恐ろしい病気です。

スポンサーリンク