友利新が子宮内膜症を告白

医師でタレントの友利新さん(当時36歳)が2014年2月21日に自身のブログで妊娠していることを発表。同時に子宮内膜症を発症していたことも明かしました。

友利さんは初潮を迎えてから数年たった頃、酷い生理痛に悩まされていたといいます。

最初は痛みがあるのは普通だと思っていたようですが、学校の授業中にも痛みが増していき、お母さんの勧めで産婦人科を受診することにします。
 

スポンサーリンク

検査の結果、医師からは子宮内膜症でステージ3の段階と告げられ、同時に小さいチョコレート脳腫も見つかりました。

この時の友利さんは14歳(中学3年生)でした。

友利新生理痛の痛みから早く解放されたかった友利さんは、直ぐに治療を開始することを決意します。

治療では男性ホルモン誘導体を内服し、生理を止めて子宮内膜の増殖を抑える治療法を開始しました。

生理を止めたことで痛みからは解放されましたが、ホルモン療法の副作用が酷く、3ヵ月で体重は10キロ以上増量し、顔中ニキビだらけになったといいます。

この副作用が思春期の友利さんには耐えられず、半年で治療を中止することにします。

その後、偽閉経療法という注射での治療を行いましたが、こちらも副作用の影響で3ヵ月で中止することになります。

しかし、ピルでの治療が可能になり、10年程ピルを服用し治療を続けることになりました。

そんな時、現在の旦那さんと出会い、妊娠を希望しピルの服用を中止します。

医師から妊娠することは難しいことを告げられていましたが、結婚後は早い時期に妊娠され無事に出産されています。

現在は2児に恵まれ、医師・タレントとして活動されています。
 

スポンサーリンク