ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 肝臓・すい臓の疾患 > 田中健はアルコール性急性すい炎で緊急入院していた

田中健はアルコール性急性すい炎で緊急入院していた

2014年に放送された人気テレビ番組「主治医が見つかる診療所」にゲスト出演した俳優の田中健さんが62歳の時にアルコール性急性すい炎で緊急入院したときの話を告白している。

田中健アルコール性急性すい炎といえば、芸能人ではチュートリアル福田さんや中川家兄の剛さんが発症し話題になった病気の一つです。

田中さんは、ちょうど1年前の2013年に急性すい炎を発症しました。


普段からお酒を飲む習慣があったという田中さんでしたが、この日は友達のパーティということもあり普段よりも飲み過ぎたと語っています。

その夜、自宅で休んでいると胃の辺りに違和感を感じはじめ、就寝後には激痛へと変わりました。激痛で倒れてしまった田中さんは救急車で病院に搬送されますが途中、救急車の中のことは記憶にないほど腹痛が酷かったと話しています。
 

スポンサーリンク

検査の結果、田中さんに告げられた病名はアルコール性急性すい炎。病院で田中さんは医師に痛みが止まったら明日(仕事)撮影に行きたいんだけどと聞いたら、医師から「死にますよ、絶対だめです!」と言われたという。

その後、1か月間の入院生活を余儀なくすることになった。

番組内で、田中さんは普段から飲酒の習慣はあるが飲む量はそうでもないと話している。アルコール性すい炎は大酒呑みだから発症するという訳ではなく、飲酒の習慣はある人がたまに量を多く飲んだ時などに発症するケースが多いらしい。

女性の急性すい炎では胆石が原因となることが多いのですが、男性の場合ではアルコールが原因で急性すい炎になることが多く全体の半数近い45%以上にもなります。
 

スポンサーリンク