高山善廣が脳梗塞を克服

高山善廣プロレスラーの高山善廣さんが脳梗塞で倒れたのは2004年8月8日、高山さんが38歳の時でした。

大阪での試合後のバックステージで突然右手の自由が利かなくなり、ドアノブさえも開けられない状態となりました。その後、酷い立ちくらみから倒れてしまい救急搬送されることのに。

脳梗塞の発症で怖いのが後遺症の問題ですが、発症から3時間以内に治療ができれば後遺症が少なくないといわれいます。

幸い高山さんの場合は、国内でも屈指の脳外科医がプロレス会場から10分以内以内の所にいた為、また発症後2時間以内には手術を終えることができたので後遺症は最小限で済みました。
 

スポンサーリンク

救急搬送された高山さんはカテーテル手術を受けることになるのですが手術中は意識があり、モニターを見ていたといいます。

手術後、高山さんはすぐに話したり、右手を動かすことができたため、すぐに復帰できるのかと考えたそうですが術後しばらくしてから後遺症が現れ、不安な日々を過ごしたと語っています。

脳梗塞を発症してからの高山さんの私生活は、大好きだったコーヒーを辞めて、水を一日6リットル飲む、肉よりも野菜、魚、鶏肉を中心とした食生活に変えて飲酒も辞めたそうです。

本格的なリハビリは行っていないという高山さんですが、医師からは沢山歩くように言われているようで散歩をしたり、階段の上り下り、コップを掴んだり放したりと日常的な動きを取り戻すように心掛けているそうです。

プロレスの休業中は、バラエティ番組等の仕事をしながら少しづつトレーニングを重ね、努力の甲斐あって2年後の2006年にはプロレスラーとして復帰され、現在も現役でご活躍されています。

脳梗塞を患って復帰できたのは高山さんだけということも厳しいスポーツの世界では偉業だといえるでしょう。
 

スポンサーリンク