ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 脳卒中・脳の疾患 > Mr.Children桜井和寿を襲った小脳梗塞

Mr.Children桜井和寿を襲った小脳梗塞

生命に関わる大病から生還してくる方々は大勢いらっしゃいます。ミスチル(Mr.Children)のボーカル桜井和寿さんも小脳梗塞という病気に倒れましたが見事に復帰された一人です。

2002年7月23日に桜井さんは小脳梗塞を発症し、予定していたイベントは全て延期または中止という形を取り、検査入院のため活動休止することを余儀なくされました。

スポンサーリンク

Mr.Children桜井和寿桜井さんが小脳梗塞を発症したのは32歳のとき。復帰後に出演した歌番組では「助けを呼ぼうと携帯電話のボタンを押すがうまく押せなくなった」倒れた時の様子を語っています。

小脳の役割は手足の細かい動きをはじめ、歩行や顔・喉の筋肉の動き(話す、声を出すなど)、目の動きなど、私たちの生活に必要な動作をサポートしてくれている大切な部分です。

小脳梗塞を発症した桜井さんは手術はしないで再発を防止のために血液をサラサラにする薬や食事制限、激しい運動を避けるなどの治療を行いました。

その後、発症した際に梗塞が破れた痕跡があったことが判明したようですが絶対安静による経過観察の結果、回復し完治したそうです。

今後の活動に対し大きな期待が寄せられることは間違いなさそうですが、お身体をいたわって素晴らしい作品を世に送り出して頂きたいものです。

スポンサーリンク