ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 肝臓・すい臓の疾患 > 坂本冬美が急性膵炎・虫垂炎を告白

坂本冬美が急性膵炎・虫垂炎を告白

演歌歌手の坂本冬美さん(当時29歳)が、1997年3月に急性膵炎のため入院されました。

当時、ハードスケジュールであった坂本さんは、体調を崩しても点滴を打ち続けながら仕事を続けられていたといいます。

また、半年前の1996年11月には虫垂炎の手術を受けられており、予定していたコンサートを中止されています。
 

スポンサーリンク

虫垂炎の時も仕事が多忙で無理を続けていたことが原因と言われており、腹膜炎になる恐れもあったそうです。

急性膵炎からの退院後、NHKの番組に出演し歌を披露されましたが、上手く歌えなかったのかエンディングでは涙を流す姿が印象的でした。

坂本冬美その後、メンタル面でも不安定な状態が続いた坂本冬美さんは、事務所に休業をお願いしますが2年先まで仕事の予定が入っていたことから叶いませんでした。

しかし、坂本さんの様子がファンの間でも噂となり、再び活動休止を事務所に申し入れ、2001年12月に無期限の活動休止が発表されました。

芸能生活15周年を迎えた2002年3月、大阪で行われたコンサートを最後に4月から活動休止期間に入りました。

活動休止期間中は、海外に渡るなどのんびりとした生活を送っていたそうです。

そんな時、二葉百合子さんの歌う姿に心を打たれ、歌手活動の再開を決意されます。

2004年3月に復帰会見を行い、4月1日にNHKの歌謡コンサートに出演、歌手として完全復帰を果たされています。
 

スポンサーリンク