酒井藍が急性膵炎を発症

2012年10月12日、吉本新喜劇の酒井藍さん(当時26歳)が急性膵炎であることを所属事務所よしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表しました。

9月28日にテレビの生放送番組に出演した酒井藍さん、放送終了後体調不良を訴え、翌日に地元奈良県の病院に入院されました。

最初は過労が原因とされ、1週間の入院を予定していましたが微熱が下がらないので詳細な検査をした結果、膵炎が発覚したそうです。
 

スポンサーリンク

膵炎の原因はアルコールの過剰摂取であることが多いのですが、酒井藍さんはお酒は飲まないことから原因は不明のようです。

入院から4日間は絶食状態を強いられるなどの厳しい食事制限があり、体重が4キロ減少したといいます。

酒井藍3週間の入院生活を送り、無事に退院されています。

10月24日には、吉本新喜劇の舞台で仕事復帰を果たしました。

退院後初の舞台では、終盤に全身白タイツというインパクトのある姿で登場し、「おかげさまで元気になりました」と書いた紙を客席に向けて掲げられていました。

舞台後、当時座長の小藪千豊さんと一緒に報道陣の取材に応じ、元気な姿を見せてくれました。

退院後も医師の指示で、甘い物や脂ものなどは控えるように気を付けているそうです。

その後2、017年7月、吉本新喜劇初の女座長を務めることになり30歳での座長は史上最年少です。
 

スポンサーリンク