ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 中尾彬が横紋筋融解症を克服

中尾彬が横紋筋融解症を克服

中尾彬ドラマに映画、最近ではバラエティ番組でもご活躍されている俳優の中尾彬さんが横紋筋融解症を患ったのは2007年3月。中尾さんが64歳の時でした。

中尾さんは昔から健康には自信があり、病院にもほとんど行ったことがないというくらいの健康体だったそうで、お酒もたばこも存分に楽しまれていたといいます。

また、長寿の家系だったこともあり、自分でも大きい病気とは無縁で大丈夫だと過信していたと仰っています。

そんな中尾さんが異変に気付いたのは2007年3月27日の夜でした。

体が怠く、熱っぽい感じの症状を訴えましたが風邪だと思い市販の薬を服用し、京都ロケをこなした中尾さん。

しかし、3月31日の朝、マネージャーからのモーニングコールが取れないほど体が動かなってしまい、救急搬送され集中治療室へ入院するこに。
 

スポンサーリンク

この時、中尾さんは肺炎も併発しており、かなりの重症な状態だったといいます。

中尾さんに下された病名が横紋筋融解症というもので、腎機能の低下と共に多臓器不全を起こす怖い病気です。当時の医師からは中尾さんは生存率が20%と宣告されていました。

その後、体力のあった中尾さんの体調は順調に回復し、4月3日には一般病棟へ移り、5月15日には無事に退院されました。

同年の6月30日の情報番組では生出演をし、約3カ月ぶりに仕事に復帰されています。

この横紋筋融解症は、乱れた生活やストレスが原因と言われており、中尾さんは病気発症の前年に奥様の病気や義母の死などが重なっていました。

しかし「ストレスは感じていなかった」と本人が語られていますが、大量の飲酒やヘビースモーカーだったことからも、体へのストレスがあったのかもしれません。

現在の中尾さんは「美味しいと思わない」ということでタバコも止められ、生野菜を多く摂るように心掛けているとのことです。

今後のご活躍が期待されますね。
 

スポンサーリンク