宮村優子がバセドウ病を告白

声優の宮村優子さん(当時34歳)が、2007年5月にバセドウ病であることを公表しました。

眼球が通常よりも突き出ていることに気付き、病院で検査を受けたところバセドウ病が発覚しました。

妊娠・出産・仕事による多忙だったことが原因ではないかと、宮村優子さんご本人は語られています。
 

スポンサーリンク

人気アニメ名探偵コナンの遠山和葉役を務めてきた宮村優子さんですが、バセドウ病が原因でうまく声を出せずに苦労されたことを話されています。

声優として声が出ないのは致命的、プロデューサーに役を辞めようと話を持ち掛けたこともあったそうです。

宮村優子当時、プロデューサーは、「今は病気を治すことに専念し、治療を続けても声優としての活動が難しいようであれば降りてもらう」と和葉役を降りることを受け入れてはくれませんでした。

その言葉に救われた宮村優子さんは声優として完全復活のため、治療を続けられました。

しかし、2016年6月に自身のTwitterでバセドウ病が悪化していると語られています。

医師に甲状腺摘出の手術を勧められますが、声優という仕事柄「声が変わってしまうのでは」という不安から手術は受けられませんでした。

その後、治療を続けながら2017年4月に公開された劇場版名探偵コナン「紅の恋歌(ラブレター)」では、遠山和葉役を演じられています。

宮村さんの声優復活に病気を心配していたファンからも、たくさんの祝福の言葉が寄せられました。

現在、宮村さんは息子さんとオーストラリアで暮らし、声優の仕事があると日本に戻ってくるという生活をされています。
 

スポンサーリンク