光浦靖子が脳動脈瘤で手術

2007年7月20日、お笑いコンビオアシズの光浦靖子さん(当時36歳)が脳動脈瘤の手術を受けられました。

手術は発表の翌週に行われています。

脳動脈瘤は人間ドックを行った約半年前、頭部表面の血管のしこりから発覚したといいます。
 

スポンサーリンク

光浦さんの場合、未破裂脳動脈瘤といって、瘤(しこり)が破裂していなかったため、直ぐに手術が必要な状態ではありませんでした。

そのようなことから発覚時に手術はせず、経過観察となりました。

光浦靖子しかし、この未破裂脳動脈瘤を放置していると、くも膜下出血になる可能性もあり、光浦さんは破裂を未然に防ぐための手術を決意されます。

半年前からわかっていたため、仕事を休むこともなく計画的に手術の日程を組むことができたようです。

頭部の手術となり、約10日間程入院されて無事退院しています。

入院してから約1ヵ月経った8月23日、生放送のラジオ番組「大竹まことゴールデンラジオ!」で仕事復帰を果たし、手術について語られています。

手術後に麻酔がきれると同時に激しい痛みに襲われることもありましたが、入院生活は意外と快適だったそうです。

手術後は順調に回復され、現在は多数のバラエティー番組やラジオに出演し、ご活躍されています。
 

スポンサーリンク