真矢ミキがうつ病を告白

2016年12月号「女性セブン」の中で元宝塚歌劇団トップスターの真矢ミキさん(当時52歳)が、うつ病を患っていたことを告白しました。

1995年に花組のトップスターに就任、周囲の憧れの的となっていた真矢さん。

この頃、順調に見えた真矢さんですが、トップスターになったことで精神的な負担は大きく、うつ病を発症していたといいます。

真矢さんはストレスの影響から、一口の食事も飲み込めないほどに追い込まれていたそうです。
 

スポンサーリンク

日に日に体重は減り、痩せていく自分の姿に恐怖と不安を感じていといいます。

その後、1998年10月に宝塚歌劇団を退団します。

真矢ミキ退団後は歌やダンスのレッスンがないため、暇な時間をどう過ごしていいかわからず、食べることを繰り返し、過食症のような状態になっていたといいます。

この時のことを真矢さんは、「心のバランスを失っていた」と語っています。

15歳の頃から34歳までの約20年間を宝塚の一員として生活していたため、すぐに気持ちをリセットし、普通の生活をすることが難しかったようです。

また、宝塚を退団したことで、周囲の自分に対する態度も変わってしまったように感じていたといいます。

精神的に不安定な時期が長い間続き、自分の生きている意味が見いだせない状態だった真矢さんですが、友人に相談したところ「私はあなたが必要だから生きててよ」という言葉で一気に心が楽になったことを語られています。

それからの真矢さんは順調に回復していき、そばで見てきたマネージャーが真矢さんのメンタルの回復力の凄さに驚いたといいます。
 

スポンサーリンク