ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > さゆりが卵巣嚢腫・子宮筋腫・子宮内膜症を告白

さゆりが卵巣嚢腫・子宮筋腫・子宮内膜症を告白

夫婦漫才コンビのかつみ・さゆりのさゆりさんが以前より患っている婦人科系疾患のため、2012年に再手術を受けたことを自身の公式ブログで報告されています。

さゆりさんは過去2004年にも手術を受けており、卵巣嚢腫子宮筋腫子宮内膜症の3つの病気を乗り越えられています。

ミスコン荒らしといわれた美貌と抜群のスタイルのさゆりさんは、関西ローカルのタレントとして活動している時に漫才コンビ「ドンキホーテ」のかつみさんと共演し、さゆりさんからのアプローチで交際が始まりました。

バブルがはじけて借金を負ったかつみさんと結婚を決めるほど、ポジティブで明るく可愛いさゆりさん。

見かけだけでなく性格もよく業界でも評判でした。

その後、先輩の助言でかつみさんと夫婦漫才コンビを組むことになり、「ボヨヨーン」のギャクで人気を博しました。
 

スポンサーリンク

仕事が忙しくなるにつれ、生理不順と激しい生理痛、出血量も増えていったといいます。しかし、婦人科へ受診する恥かしさから、仕事を理由に先延ばしにしていたといいます。

レギュラー番組のロケ中に大出血し、その場で気を失ってしまったさゆりさん、診断の結果、子宮と卵巣は、腸に癒着し原形をとどめてなかったといいます。

かつみ・さゆりまた、子宮内には子宮筋腫が10個以上も見つかり、卵巣嚢腫、子宮筋腫、子宮内膜症の3つの病気を併発していたことが発覚し、直ぐに手術が必要な状態でした。

さゆりさんは手術への恐怖心から、一度は仕事へ戻ろうと考えたこともあり、また、子どもができにくいことに責任を感じ、かつみさんに離婚を申し出た過去があったと話します。

その時、かつみさんはさゆりさんに初めて激怒したといいます。

「さゆりちゃんだけいてくれればいい」という言葉にさゆりさんは手術を決心し、これからも添え遂げることを決意したようです。

その後、さゆりさんは2012年に再手術を受けられています。

卵巣を全摘する予定でしたが、状態が安定したことから悪い部分のみの切除となったそうです。

女性として卵巣の全摘は思い決断となるだけに、先延ばしとなったことを明るく受け止め、ブログでは自身の経験を伝え、検診の大切さを呼びかけています。
 

スポンサーリンク