岩崎宏美がバセドウ病を告白

2015年4月22日、歌手の岩崎宏美さん(当時56歳)が、フジテレビ系朝の生放送番組「ノンストップ」の取材でバセドウ病であることを告白されました。

14年前の2001年から続いているバセドウ病の闘病経験を語られています。

最初は体重の減少という体の異変に気付かれたといいます。
 

スポンサーリンク

その後、異常な汗の量・めまいや耳鳴り・走ってないのに激しい動悸が起こったそうです。

岩崎宏美このような体調変化を訴え、病院で検査をした結果、バセドウ病と橋本病の診断がされました。

バセドウ病の原因は、甲状腺ホルモンの異常によるものでした。

また、バセドウ病が発覚した2001年に声帯ポリープが見つかり、ポリープの摘出手術も受けられています。

バセドウ病の診断後も歌手活動を続けていた岩崎宏美さん、ステージに立つと膝やマイクを持つ手も震え、息切れのために歌いづらく不安であったと語られています。

現在も薬を毎朝1錠欠かさず服用されており、岩崎さんはこの持病と受け止めうまく付き合っていくと話しています。

現在、アルバム発売やコンサートを行うなど、音楽活動を続けられています。
 

スポンサーリンク