ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > いとうまいこが子宮筋腫を告白

いとうまいこが子宮筋腫を告白

最近、増加傾向にあるといわれる子宮筋腫ですが、元アイドルでタレントのいとうまい子さんも子宮筋腫に患った1人です。

いとうまいこいとうまいこさん自身、詳細についてはあまり語られていませんが治療をはじめたのが2005年(当時41歳)、超音波療法(FUS)という治療法で、子宮筋腫の手術を受けられています。

切らない治療法なので「タレントの自分に合った治療法だと信じている」とご本人が当時語っています。

超音波療法は入院の必要がなく日帰り治療となり、MRIで患部を撮影しながら超音波を腫瘍にあてて行なう方法です。しかし、子宮筋腫が完全に無くなることではないようです。
 

スポンサーリンク

また、すべての子宮筋腫の患者さんに効果があるわけではなく、筋腫の状態によっては症状が緩和するケースもあるといわれています。日本では保険適応ではないため、あまりポピュラーではないようです。

いとうさんは2009年に結婚しているのですが、結婚会見の直前に子宮からの大量出血を起こし、緊急入院をしています。それから2日後の結婚会見には元気な姿を見せていました。

会見では「もともと婦人科系の病気は持っていたんですけどね。本当にお騒がせしました。こういう時にパートナーがいるといいですね」と本人が語っています。

その後、子宮筋腫が完治したという報告はありませんが、闘病中には早稲田大学を卒業され、大学院に進学してとても意欲的に活動されていました。

実年齢よりも若く見られる彼女ですが、現在はタレント活動を中心にお元気にご活躍されています。
 

スポンサーリンク