ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 子宮内膜症 > 藤崎奈々子が子宮内膜症を告白

藤崎奈々子が子宮内膜症を告白

タレントの藤崎奈々子さん(当時37歳)が2015年2月15日に子宮内膜症と診断されたことを公式ブログで発表しました。

藤崎さんはロケのため沖縄に訪れていたところ、ロケの初日に突然の腹痛に襲われたといいます。

ロキソニン(鎮痛剤)を服用し、仕事の方は何とか無事に終えましたが帰りの飛行機で羽田空港に着いた際、腹痛に耐えられなくなり、羽田空港から病院に向かいました。
 

スポンサーリンク

医師からは虫垂炎の可能性があると診断され、そのまま入院することになります。

藤崎奈々子入院時の症状は、立ち上がると腹痛があるけど寝転がっている体勢だと痛みが少ないことから心配になるほど眠っていたと語っています。

虫垂炎の疑いで入院していた藤崎さんですが、CTの精密検査を行った結果、腹痛の原因は子宮内膜症だったことが判明します。

藤崎さんは数年前の人間ドックにてチョコレート嚢胞が見つかっていた過去がありました。

しかし、嚢胞が小さかったことから治療を行わず放置していたのですが、それが今回の子宮内膜症発症に繋がったと考えられます。

藤崎さんは結局、1週間前後の入院生活を余儀なくされました。

退院した翌日には仕事に復帰されており、順調に回復されているようで現在の藤崎さんは自身のブログを頻繁に更新されています。
 

スポンサーリンク