伍代夏子がC型肝炎を克服

演歌歌手の伍代夏子さん(当時48歳)が2010年8月にC型肝炎を患っていることを公表されています。

伍代さんは1994年に行われた劇場公演中、怠い等の体調不良を感じ、病院を受診されました。

検査の結果、C型肝炎のウイルスへの感染が判明、感染ルートは不明でした。

当時の伍代さんは人気絶頂期であり、自身の身体よりも公演の方を優先することを選択されていました。
 

スポンサーリンク

その後、症状が安定していたこともあり、治療をすることなく経過観察を続けられていました。

経過観察は月に一度の通院で血液検査と肝機能の数値チェックをしてましたが「ウイルスはいつ暴れだすのだろうか」という不安は常にあったとコメントしています。

伍代夏子2009年8月に改良されたインターフェロンによる治療を夫で歌手の杉良太郎さんから勧められます。

伍代さんのC型肝炎ウイルスは難治性タイプとされ、肝硬変や肝臓がんに移行する可能性もあり「仕事は休まない」と決意し、インターフェロンによる治療を開始することとなりました。

息切れやめまいといった副作用に耐えながら歌手活動と並行して治療を受け続けられていました。

控室には酸素ボンベが用意され、当時の取材に対しコンサート中は「富士山の5合目にいるような息苦しさ」があったことをコメントされています。

また、脱毛を隠すためのウィッグを用意、さらに体力消耗を防ぐために歌い方を工夫するなどファンや関係者へ未公表のままの治療を継続されていました。

およそ1年半の期間、インターフェロンなどの投薬治療を行ったことを報告されています。

現在、伍代さんのC型肝炎は完治され、タレント活動や歌手としてご活躍されています。
 

スポンサーリンク