ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 脳卒中・脳の疾患 > TRFのDJKOOが脳動脈瘤のため手術

TRFのDJKOOが脳動脈瘤のため手術

2017年9月25日にTRFのDJKOOさん(当時56歳)が脳動脈瘤のため手術を行ったことをTRFの公式サイトで発表しました。

テレビ東京の「主治医が見つかる診療所」にて番組の企画で検査を行ったところ、脳動脈瘤が発見されたといいます。
 

スポンサーリンク

KOOさんは番組の収録が行われた9月2日に脳動脈瘤と告げられ、そこで初めて病気の事実を知りました。

DJKOOその後、KOOさんは手術を行うことになります。

同番組に出演されいる脳神経外科医の上山博康先生のアドバイスのもと北海道にある札幌禎心会病院にて手術を受けられました。

上山博康先生は日本トップクラスの脳神経外科の名医です。

手術は無事成功し9月21日には退院、脳動脈瘤は無事完治したとの発表がありました。

しかし、脳動脈瘤は完治したものの、退院後はしばらく万全な回復に向けて自宅療養をされるとのことでした。

そのため9月30日に静岡県で開催されたフジソニック2017の出演を辞退、DJKOOさん以外の4人のメンバーで出演することになりました。

退院後、脳動脈瘤を発見するきっかけとなった番組や手術を受けた札幌の病院のスタッフに感謝を述べると共に体調が整い次第、音楽活動に復帰するとの意欲を語っておられます。
 

スポンサーリンク