ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > うつ病・精神病 > ブラッド・ピットがうつ病を告白

ブラッド・ピットがうつ病を告白

ハリウッド俳優のブラッド・ピット(当時48歳)が、2012年1月29日にアメリカのエンタメニュースサイト「The Hollywood Reporter」のインタビューで自身のうつ病について告白しました。

1990年代の終わり頃、ハリウッドスターであった自分自身に飽きを感じていた彼は、セレブの世界から身を隠すように生活していたといいます。
 

スポンサーリンク

この時のブラッド・ピットは、外の世界が苦痛だったため、早く自宅に帰りたいと考える日々を過ごしていたそうです。

ブラッド・ピット自宅に帰るとソファーでくつろぎながらドラッグを吸うという生活が続いていたそうです。

そんな生活を繰り返していると、気持ちが更に落ち込み、不安な気持ちが増し、うつ病を発症。日々心の病と闘っていました。

辛い生活を送っていたブラッドは、モロッコ・ユーゴスラヴィアへ旅に出ます。

旅では現地の貧困層の人々の生活を目の当たりにしたブラッド・ピットは、その衝撃的な光景にとてもショックを受けたといいます。

この旅がきっかけにしてドラッグをやめることができたというブラッド。自分自身が変わろうと決意したそうです。

それから10年以上が経ちましたが、一切ドラッグには手を出していないといいます。
 

スポンサーリンク