ホーム > 病気や大病を告白した芸能人 > 感染症 > 曙太郎・右脚蜂窩織炎と感染症で入院

曙太郎・右脚蜂窩織炎と感染症で入院

2017年4月17日、元横綱でプロレスラーの曙太郎さんが右脚蜂窩織炎(ほうかしきえん)と感染症で入院・療養中であると所属プロレス団体・王道から発表がありました。

曙さんは4月11日、福岡大牟田市文化会館で行われた試合終了後に体調の異変を訴え、福岡市内の病院へ搬送されたとのことです。

搬送された当初は10日程の入院予定だったそうですが、退院見込みはやや長引くのではないかとという話がありました。

4月12日のゼロワン岡山大会に続き、同月16日・神戸、19日・東京で開催されたレッスルワンの主催試合などが欠場となりました。
 

スポンサーリンク

また、8月22日に行われた王道プロレス狭山大会(王道プロレスの単独開催)も、「療養中のために試合出場及び来場の予定はございません」と予め公表されています。

曙さんは2012年に急性肺炎、2014年には細菌性肺炎にて幾つかの試合を欠場しています。

曙太郎その後、2016年2月に右下腿蜂窩織炎を発症しており、一時回復するも2016年5月に再発して再入院されていました。

入院先から駆け付けたイベント会場にて「高熱(40度くらい)も出るし、1度よくなっても無理をすると再発するので厄介」と曙さん自身がコメントされています。

体調が安定していないと見られる中で、曙さんは現在所属するプロレス団体・王道を設立するなど、積極的に活動をしてこられました。

会社設立と同時に「日本の多くの人のみならず、世界中の困っている人々に何か出来ることはないか」と「曙募金」を設立されています。

常にご自身が今するべきことは、出来ることはないかと大相撲・プロレスをはじめとする様々な分野で社会貢献をされており、1日も早いご回復と活動再開が期待されます。
 

スポンサーリンク